音みるメニュー

はじめのご挨拶

img-1 img-2 img-3

音のみるふぃーゆとは

千枚の葉っぱを重ねるという意味を持つミルフィーユ。音楽を奏でるのも、音をひとつずつ大切に紡いで豊かなメロディー、ハーモニーをつくります。丁寧に重ねていかなければおいしいケーキに仕上がらないように、楽器を自由に弾きこなせるようになるまでには、毎日の積み重ねがとても大切ですね。

いろいろな一年を丁寧に重ねて、大きくなったらそれぞれの個性あふれるおいしい“音”を作りだせるようになるまでサポートしていけたら…!それが私達の目標です。

「音のみるふぃーゆ」は特定非常活動法人(NPO)リトミック研究センターの認定教室です。
「リトミック」はスイスの作曲家、音楽教育家であるエミール・ジャック=ダルクローズによって考案された音楽教育です。音楽が身体全体で感じて表現したり、心で感じたことを音楽にしたりしながら楽しく音楽を学ぶとともに、音楽以外でも子どもたちの情操教育に役立つ内容です。この教室のレッスンは、リトミック研究センター独自の教材を使って年齢に応じたカリキュラムです。

リトミックって?

私達の教室では、講師が弾くピアノや様々な楽器の音やリズムに合わせて、音を体感し表現する事で、イメージする力を鍛え創造力を培います。

「音を聴いて、頭で判断し、表現する」それは、実はとても難しいことです。初めてのおけいこでは、大半の子ども達が音を聞き流してしまい、「意識して聴く」ということすら、難しい場合が多いのです。おけいこを続けていくうちに、聞き流すことをしなくなります。すると、まず集中力が身につきます。

そのうち、頭で考えたことを自然と表現したくなるでしょう。「考える力」「表現する」という生きていくうえで一番大切なことを、音楽を通して育てるのがリトミックです。

はじめたきっかけ

お教室の生徒さんのピアノのレッスンを、日々進めていく中で、前々から思っていた事がありました。『ミスタッチはともかく、音楽が呼吸していない事を、どううまく説明すればいいんだろう?』譜面通りには、弾けているけれど、音楽が立ち上がってこない…というか。リトミックを勉強するうちに、『体を使わなければ、ピアノは弾けない!』という事を“歩く”という基本的な動作の中から、教わりました。

音の強弱、テンポ、拍子などの変化にみなさんは即座に対応できますか??頭で考えているよりもずっとずっと難しい!!動いてみればわかります。そして、音をイメージして体で表現する事は、もっと難しく、こんなこともできなかったのか、とはじめは我ながらあきれてしまいましたが、それを体感していく中で、私の演奏も少し変化した気がしますし、音楽の楽しみ方の幅も広がりました。

音楽を感じて動けるようになれば、楽器に移行した時もスムーズに音楽にのって進むことができます。まだ楽器が弾けない小さい頃は、感覚能力が一番優れている時期だそうです。 イメージする力、自分をコントロールする力を養う事の大切さを知ってもらいたいな、と思い立ったのがはじまりです。

Page Top