piano concert 2020

2/24、発表会が無事に終わりました。さて、そこまでの経過的感想。

ある男の子は「ぼくは、やるきがでないんだ」…本番2日前のレッスンにて。ぼやき。

「・・・・。(はいはい、やる気がでないね)」と促しながら、ひとつひとつの音とフレーズを調整していく。徐々に音が元気になり、「ま、明後日の今頃は終わってるしね」と私もつぶやいて。おおごとには決してしない(笑)。

ある生徒さんは、何も言わないが、音が散乱、飛び散りまくるかと思えば、ふわふわと転がったり、この前まではこんなことなかったのにどうした??。。崩れ始めたのは、メンタルのせい、かな??

はい、もう一度。具体的に体や指や腕や、動かし方を伝えながら、音を積みなおす。

本番を迎えるってのは、そういうこと。調整し、崩れ、また直し、気持ちが動くたびに音楽が変わるのです。それでもこちらはフツウに接するべし。お母さんたちが何言おうとも「大丈夫ですよー。ちゃんとうまくいきますからね~。」と。

実際にうまくいかなかった試しはない。

どんなこと言おうとも、思おうとも、本番はやってきて、ぶつぶつ言っていた子たちも、きちんと「闘い」の顔で舞台に出ていく。それで、どうなろうとも、なんとかかんとか弾き終えて帰ってくるのだ。

それでいいのだ。

「どうにかできた」という現実が、これからの自分を支えるのでしょう?

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です