Happy Holiday!

img_8191

「わたしはあまりいい子じゃないけど、もらえたらうれしいです。」の書き出しから始まった三女の手紙。そろそろサンタさんもおしまいなんじゃないかなぁ‥と思いつつ、こっそり書いていたようです。

クリスマスイヴの昨日は、普段あまり見てやらない三女のピアノの特訓でした。年が明けたら、二分の一成人式なるものがあり、そこで何を披露するかというと‥結局、これしかやってきてないから、やっぱりピアノを弾くことになりそうです。

これしか‥というと、否定的ないい方に聞こえそうだけど、ピアノをきっちりさせることですべてにつながるだろう、と思って、ひとつのことを一生懸命させようと思ったのは、長女の時。何かに向かう姿勢を作りたかったので、・・・もちろん私の職業的なことが大いに関係してるわけですが(笑)・・・あれもこれも、というのは、親としては、させたい気持ちもあったのですが、何せ、そんなに器用じゃなさそうだし‥幼い娘たちはパンクするだろうと踏んで、とにかくひとつのことに全力投球させることにしました。

結果_

長女は17歳になりますが、本日は茨木まで出向き、ジャズバンドで公演をしています。ビートルズ大好き少女に育ったので、中学の頃にギターを始め、高校では軽音楽部でベースを弾いて、たくさんの音楽仲間と出会いました。とにかく練習始めたら、何時間でも没頭するところが親の私と違うところ(笑)。

次女15歳は、紆余曲折ありましたが、恐れ多くも‥11月に広島で被爆したピアノを弾かせてもらうことが決まった際、その重圧に負けまいと奮闘。「はだしのゲン」に感銘を受けている彼女は、実際、悲しい歴史を背負うピアノを弾かせてもらって大きな何かを感じたようです。練習の量は、到底長女のそれには追いつきませんが(笑)、感性の豊かさは生まれつき‥。

上二人はメンタルを鍛えるべく、ピアノの舞台を何度も経験させたから‥と自負しています。

三女は‥、やっと10歳。これからです!今年、初めて、発表会でノーミスでがっつり弾けて、その達成感たるや、満足そうに舞台袖に戻ってきました。

さっき、サンタさんからのプレゼントに「うわぁ~!」と雄たけびを上げてた三女。

これで3人目も10台に突入してホッとしたーと思っていたけど、まだまだ子どもだね~‥と。末っ子だから、ゆっくりなのかな。。

昨日の特訓は、多少厳しくなりましたが、初めて親の私に歯向かうことなく、耐えてました(笑)。そこは成長したかも?

今日もやろうっと(笑)

皆さんも楽しいクリスマスを☆