まるちゃんとそのかぞく..そらをとぶ~その4~

2015/08/01

よし!週末だ!私たちも遊ぶぞ!ということで、友人家族といよいよ合流。まだ冴え切らない朝、…いつまで時差ボケ、続くんだろー…、ホテルの売店で朝ごはんを買いながら、ぼけっとサンドイッチをかじる娘たちをわき目に、私は、今日も暑くなりそうだぞ~ということで、売店よりも自動販売機のほうが50セント安い600mlの水のペットボトルを探し求めて、ホテルの中をくるくる回っておりました。そう、余談ですが、私たちは、友人宅に泊まった初日の次の日から、ディズニー三昧、と思っていて、それを知っていた友人が「ほら、持ってって!」と否応なしに、どさりと水のペットボトルを持たせてくれた。ところがこれがまた重たいからね~、「いいよいいよ、無くなったら買うし…」とそのうちの半分くらいしか持っていかなかったのですが。1日中、歩き回ると5人揃ってのどが渇く…。もらったペットボトルもあっという間になくなり、ならば買おうと思ったら、なんとお高い!でもさ、ここで1人でも体調崩そうものなら、15年越しの計画のすべてが水の泡となる。。熱中症なんて絶対嫌だ!というわけで、水ね。観光地だから高いと多少わかってはいたけど、ここまでとは。。足元、見るね。。ランドの中はもっと高いし、と外に行くも何もない。もちろん、コンビニもない。ダウンタウンディズニーなんて、立派な観光ショッピングモールだからやっぱり高いし…、そんなわけで、50セントと言えども5人分ともなれば大きな額だ!ちょっとでも安い水を探せ!と、母なる私は奔走していたのでした。

そんな中、着いたよ~という連絡でホテルの前に出てみれば、ホテルの脇にざざっと車を停めて、かっこよく友人家族登場。トランクを開けたら、やっぱり水だらけ(笑)。あちらも5人家族ですので、10人の命を守るべく(んな大げさな…)大量の水とともに、旅行最後の遊園地、今日はナッツベリーファームへ。

今日も豪快にかっとばす、友人(*アクティブさが売りの彼女、アクちゃんと呼ぼう。)の車で、瞬く間に到着。すかさず、出てきたのはリュック。

「ハイ、これに水!入れる!着替えの洋服と…」とここでもせっせと働くアクちゃんでした。さすが、アクちゃん。気が利くわ~。

IMG_4866-0.jpg

さて、ここは、長女の希望です。スヌーピーの遊園地。いたるところにスヌーピー。

IMG_4891  image2

わー、かわいい!と浸る間もなく、友人家族、ものすごい勢いでアトラクションを乗りこなしていく。アクちゃんご主人、さすがアクティブな友人だけに夫婦そろって…すごいな…と思っていた私たちだったが、途中で気づいた。今日はこのあと、ナッツベリーソークという夏だけ運営されているウォータースライダー満載のプールに行く予定なのだが、これは、ファームとそんなに近いのなら♫行こうよ^^、と土地勘のない私たちが勝手気ままに立てた予定であります。そう、せっかく日本から家族全員、「決死の思いで来てくれたんだから!」とダディ、私たちの熱い期待に応えるべく、ほぼ走り出さん勢いでさっさか進んでいたのです。さすがに、4日間連続で歩き通しの私たち家族は、ちょっとペース速い??と思いつつも、黙ってついていく。 しかも、結構グロッキーになりそうなコースターばかり。

そしてついに!!これだけは。。乗れない。というアトラクションの列に並んでいることに、私は気づく。確か、アクちゃんもこの手の乗り物はだめだったはず。これはね…酔うよ。

最後尾に並んでいた私は、「オ~、ノー!」と言いながら、おねえちゃんと一緒に無理やり辞退。外から見守ることにいたしました。(係りの人、これは絶対面白いから乗るべきなのに!とかなんとか言ってたが、これ乗ったらショック死するかも…と身振り手振りで説明。)動き始めて、だんだん顔色が悪くなっていく板長たちとアクちゃん家族。結構、長いし。。  この後、大丈夫かな~。。

なんだか、ふらふらしながら降りてきた6人。。ちなみに元気なのはまるちゃんとあーちゃん。「…ちょっと、私もう乗れないやー」とアクちゃんもリタイヤ。気の毒に…。

でも、そこはアクティブあくちゃん、「気を取り直してお昼にしよう。」(え?まだ11時だけど?)と、出てきたのは、なんとアクちゃんお手製おにぎり!

これがなんともっ!美味しかった!!嬉しかった!!  とにかくここ4日間、タコスにチップにサラダにバーガー。しかも大味。サラダは食べても食べても減らない。。何かとあれば豆。普通の食事が食べたいなと思っていた私はがぜん!元気を取り戻したのでありました。

ですが、よくよく見ると、アクちゃんだけでなくダディ(ご主人のことです。)も辛そう…。なんだ~、コースター得意なのかと思ったよ。言ってくれれば、ゆっくり回ったのに(笑)。

そう、そこで気づいた私と板長。これが、アメリカ版のおもてなし、の始まりだったのです。つづく。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です